読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころの息吹

「‘わたしとは何?’を探究」するこころの旅路を徒然なるままに綴っています♪♪

【空手4日目】空手も、ブログ更新も、地べたに這いつくばるように。

空手心得~師範のお話~ 空手日記~黒帯への道のり~

《師範のお話》

 この道場で稽古している皆が

 強くなろうがなるまいが、わたしにとってはどうでもいい。

 強くなるものは、勝手に強くなる。

 強くならないものは、ならん。

 「強くなりたい」という想いが、自分自身を強くする。

 好きとか嫌いとか、そんなことはここでは関係ない。

 こうして稽古に来ているのなら、自ら自分自身に一所懸命で在れ。

 

 

こんな感じのお話だったと記憶しています。

要は、何をするにも、本人の気持ち次第…ということ。

 

想い。

 

それは、想いに沿って行動を起こした先でカタチとなる。

目に見えない‘想い’を、目に見える‘カタチ’として仕上げる。

そのために本気で取り組む、何気ない日々の細かな積み重ね。

 

それが今のわたしにとっては

空手だったり、そして、このブログを更新することだったりする。

 

 

実のところ、ブログは10年ほど前から始めていて、

…の割には、最近始めたばかりです風な装いをしている。

 

「‘何か’を書きたい」

「‘何か’を伝えたい」

この想いだけは始めた頃から1ミリも色褪せていない。

想いだけは明確で、なのに何故だか、続いた試しがなかった。

 

想いは、大切。

だけど、そこに行動が伴わなければ

想いは想いのまま、日の目を見ることなく澱んでしまう。

 

今の時点でわたしの‘想い’は、内側でずっと滞ったまま。

それをダムの放水の如く、ザーッと一気に流してしまいたい。

そんな思いとともに、今こうしてブログを更新しています。

…「今日は○○を書こうかな」と思い立った1割も書けていないけれど。

 

 

空手とブログ。

そして、やりたいこと、ちらほら。

 

 

日常の一部になるまでは

当たり前の習慣になるまでは、

「自分自身に一所懸命である」ことへの抵抗勢力との闘い。

カラダからは本気の汗をかきながら、

ココロからは不要になった習慣ややり方を解毒しながら、

一日一日、自身の想いに誠実であることを貫いていこう。

 

 

 

翠桜-Miou-