読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころの息吹

「‘わたしとは何?’を探究」するこころの旅路を徒然なるままに綴っています♪♪

【空手6&7日目】「手の先足の先まで意識することで在りかたが変わっていく」という体感

《師範のお話》 何をしていても、道場。 何処にいても、稽古。 それは決して、 「どんな時も何をしていても 空手に関することに励みなさい」 ということではない。 空手の稽古そのものに限らず、 普段の何気ない行動・発する言葉一つとっても、 本気で、真剣…

【空手5日目】「まずは白帯から色帯へ」という照準を定める。

2016年最後の昇級試験を12月の終わりに予定しているとの話。 あと2ヶ月弱。 どのくらい‘さま’になる動きができるようになるかは未知数。 けれど、それを一つの目安に日々励むのも、悪くない。 色帯への昇級を第一の目標として、照準を定めました。 白帯から…

【空手4日目】空手も、ブログ更新も、地べたに這いつくばるように。

《師範のお話》 この道場で稽古している皆が 強くなろうがなるまいが、わたしにとってはどうでもいい。 強くなるものは、勝手に強くなる。 強くならないものは、ならん。 「強くなりたい」という想いが、自分自身を強くする。 好きとか嫌いとか、そんなこと…

【空手3日目】‘訳分からないスパイラル’のど真ん中で足踏み状態

時には鏡に映る師範のしなやかな動きを凝視しながら、 時には隣で型を決める色帯の人の四肢の向きを確認しながら、 視線であっちやこっちやと追いかけているうちに 自分のこの手がこの足が左なのだか右なのだかこんがらがってくる。 一日も早く、せめて 周り…

【空手2日目】本気度の高い汗ほど、爽やかで心地いい。

《師範のお話》 本気を出せば、疲れる。 本気を出さなくても、それなりに疲れる。 しかし、本気を出した後の疲れは、心地いい。 そして、本気で取り組んで出てくる汗は、爽快である。 前回と今回、わたしとしては本気で取り組んでいた…つもりでいる。 初回で…

【空手1日目】3つの心を鍛え、身体で2つのことを学ぶ~心得を胸に刻む~

家の近くにあり、ずっと気になっていた門構え。 ブログ開始とともに、本日、空手道場への入門を果たしました。 このブログでは、当面のところ、空手のことを綴っていきます。 この道場で鍛えるものは、「心」と「身体」。 鍛える心は、 1.すべてを受け入れる…