読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころの息吹

「‘わたしとは何?’を探究」するこころの旅路を徒然なるままに綴っています♪♪

【空手6&7日目】「手の先足の先まで意識することで在りかたが変わっていく」という体感

《師範のお話》

 何をしていても、道場。

 何処にいても、稽古。

 

 

それは決して、

「どんな時も何をしていても

 空手に関することに励みなさい」

ということではない。

 

空手の稽古そのものに限らず、

普段の何気ない行動・発する言葉一つとっても、

本気で、真剣に、集中して、時に脱力して…

日常のあらゆることすべてが‘在りかた’を創り上げている。

 

日常のすべてが、

周りで起こる(映し出される)一つ一つが、

人生における稽古なのだろうと、そんなことを感じている。

そして目の前にある環境(場所)全部が人生道場そのもの。

 

 

…確かに。

 

 

自分の意識がどんな瞬間に研ぎ澄まされ、

その意識に自身がどれだけ気づいているのか。

 

何も気にしなかったら気にしなかったで、ただ通り過ぎるだけ。

気に止めなければ、きっとその瞬間は針の穴よりも小さいだろう。

気づいても、触れずに眺めるだけならばすぐに視界の外へと消えるだろう。

 

 

空手を始めてから、

空手を始める前後辺りから、

何度か気にしつつも見て見ぬふりしてきたことのいくつか、

ここにきてまとめてドバっと再燃している。

 

 ココロとカラダを繋げる

 陰陽五行説について学ぶ

 ナイチンゲールフィレンツェへの興味

 体幹インナーマッスルを鍛える

 蹴り足を意識して歩く

 腸内環境を整える食生活を考察して実践する

 ツォルキンと星と月の暦を意識した一日を過ごす

 

こんな感じのこと。

わたしの内側では、それらはすべて密接に関わっている。

うまい具合にピタッとはまっていて、絡み合っている素材。

 

それらを意識していくということは、

それらに本気で取り組んでいくという覚悟を決めることでもある。

そうだね…

今まで自分の意思に対する責任を他人事のように眺めていたから、

興味を持ったそれらのどれにしても本気でのめり込むことはなかった。

…おそらく、のめり込むのが怖かったのだと思う。

 

「本気になる」ということは「わたしを生きる」ということだから。

 

「自分を生きる」という自由の土台部分にある自己責任。

人のせいにして生きることにすっかり慣れてしまっているわたしは、

どうしても、マニュアルや説明書を必要としたり

常識という器や親の価値観という物差しの内側に居続けたり

興味や好きなことですら誰かのもの真似の延長に過ぎなかったり、となる。

 

そんな生き方に限界を覚え、嫌気がさし、

「自分を表現する」とか「わたしを魅せる」とか、

そういった視点に意識の矛先が向き始めている。

 

 

今は、そんな状態の中にあります。

 

 

人間は変わろうとするとき、本能的に

「元の慣れ親しんだ状態に戻るのだ」となるのですが、

今まさに、日々、そんな恒常性と闘っております。

 

辛うじて、空手の稽古に行くことで懸命に抗っている情況です。

 

「来月の昇級審査で色帯になる」という

具体的な目標ができて最初の照準が定まったおかげで、

より手足の動きや角度の意味や型の流れの順番を

身体にしみ込ませるための集中力が増したような感じがします。

 

それに伴って

安定した足腰をつくるための身体の使い方とか、

どこの筋肉をどう鍛えれば安定感のある振る舞いができるのかとか、

少しずつ、一つの物事に対して、深い部分に意識をあてています。

 

そんな微細な内側の変化を、

ツォルキンの260日周期や星や月のサイクルを書き込んだ手帳に

毎日日記として綴っていくことで、より感じとれるのではないか…

 

「意識すること」が一度に増えてしまったように感じていることで

何かと右往左往している自分が日々の時間の中に在るけれど、

空手と同様「訳分からない」からは一歩踏み出せているので、大丈夫。

 

 

あとは、怖気づかないで。

 

目の前に現れた意思をうやむやにすることなく、

1つずつ確実に、自分の血肉としていくだけ。

 

 

 

翠桜-Miou-

 

【空手5日目】「まずは白帯から色帯へ」という照準を定める。

2016年最後の昇級試験を12月の終わりに予定しているとの話。

 

あと2ヶ月弱。

どのくらい‘さま’になる動きができるようになるかは未知数。

けれど、それを一つの目安に日々励むのも、悪くない。

 

色帯への昇級を第一の目標として、照準を定めました。

 

 

白帯から昇級しての最初の色は、緑。

 

まともについていっていないわたしが言うのもなんだけど、

白帯から緑帯は、割とすぐにいけるのではないかと…思っている。

その先からおそらく一筋縄ではいかなくなるのだろうな…と想像している。

 

その思惑が正解なのかを確かめるために、この2ヶ月の間、

本気の汗を流して、集中して、取り組むことに決めました。

 

わたしの中に眠る‘本気’がどの程度のものなのか、

わたし自身もまだ知り得ない自分の力を引き出してみたい。

そんな思いも抱きつつ、また次回からの稽古にまい進する所存です。

 

日にちが明確になったので、より目標がくっきりと鮮明になりました。

 

 

目指せ!!

美しく、キレのある動き。

 

基本は大切に、土台をしっかりと固めていく。

 

 

 

翠桜-Miou-

 

【空手4日目】空手も、ブログ更新も、地べたに這いつくばるように。

《師範のお話》

 この道場で稽古している皆が

 強くなろうがなるまいが、わたしにとってはどうでもいい。

 強くなるものは、勝手に強くなる。

 強くならないものは、ならん。

 「強くなりたい」という想いが、自分自身を強くする。

 好きとか嫌いとか、そんなことはここでは関係ない。

 こうして稽古に来ているのなら、自ら自分自身に一所懸命で在れ。

 

 

こんな感じのお話だったと記憶しています。

要は、何をするにも、本人の気持ち次第…ということ。

 

想い。

 

それは、想いに沿って行動を起こした先でカタチとなる。

目に見えない‘想い’を、目に見える‘カタチ’として仕上げる。

そのために本気で取り組む、何気ない日々の細かな積み重ね。

 

それが今のわたしにとっては

空手だったり、そして、このブログを更新することだったりする。

 

 

実のところ、ブログは10年ほど前から始めていて、

…の割には、最近始めたばかりです風な装いをしている。

 

「‘何か’を書きたい」

「‘何か’を伝えたい」

この想いだけは始めた頃から1ミリも色褪せていない。

想いだけは明確で、なのに何故だか、続いた試しがなかった。

 

想いは、大切。

だけど、そこに行動が伴わなければ

想いは想いのまま、日の目を見ることなく澱んでしまう。

 

今の時点でわたしの‘想い’は、内側でずっと滞ったまま。

それをダムの放水の如く、ザーッと一気に流してしまいたい。

そんな思いとともに、今こうしてブログを更新しています。

…「今日は○○を書こうかな」と思い立った1割も書けていないけれど。

 

 

空手とブログ。

そして、やりたいこと、ちらほら。

 

 

日常の一部になるまでは

当たり前の習慣になるまでは、

「自分自身に一所懸命である」ことへの抵抗勢力との闘い。

カラダからは本気の汗をかきながら、

ココロからは不要になった習慣ややり方を解毒しながら、

一日一日、自身の想いに誠実であることを貫いていこう。

 

 

 

翠桜-Miou-

 

【空手3日目】‘訳分からないスパイラル’のど真ん中で足踏み状態

時には鏡に映る師範のしなやかな動きを凝視しながら、

時には隣で型を決める色帯の人の四肢の向きを確認しながら、

視線であっちやこっちやと追いかけているうちに

自分のこの手がこの足が左なのだか右なのだかこんがらがってくる。

 

一日も早く、せめて

周りの人の動くタイミングと同じように、

自分のこの両手と二の足をごく自然に操縦できるようになりたい。

 

 

練習あるのみ…ですね。

 

 

そう言えば、今日は満月。

今、空の月は、牡羊座に位置しています。

takeoichikawa.hatenablog.com

お気に入りブログの中に、こんな記事を見つけました。

 

牡羊座満月のキーワード。

「失敗を認め、古いやり方を終わらせる」

わたしのこれまでの人生においての、失敗。

何だろうな…と、昨日今日と思いを巡らせていました。

 

思いあたることがひとつ。

 

小学生の頃から周りに恥ずかしげもなく公言していたこと。

「わたし、努力と練習が嫌いなの」

そう、

「少しずつ積み重ねてものにする」ことなく、

興味を持ったいろいろなこと、中途半端に宙ぶらりんにしてきた。

自分のものとして身になっていることなど、何一つない。

 

「興味ある何かしらの分野で、有名になりたい」

幼い頃からのこの想い、内に秘めた野望だけは無意味に大きかった。

だけど有名になるその陰で、その類の人たちは積み重ねを欠かさない。

 

練習だったり努力だったり、

またそれらの積み重ねだったり、

もしかしたらそれらは本人にとっては

日々ただただ夢中になって取り組んだ結果に過ぎないのかもしれない。

 

そういった地に足つけた長い道をヒュンと一瞬で飛びこえて

一夜にしてその称号を手にできればと、わたしは本気で思い続けていた。

 

 

何でもいい。

これまで何かに‘本気’で取り組んだことがあっただろうか?

…おそらく、ないだろう。

今現在の日常が、それを見事に教えてくれているではないか。

 

‘本気’がなかった人生。

そこに成功も失敗もない。

 

そうか、わたしは失敗と呼べる勲章すらないのか。

失敗がなければ、成功などあるはずもない。

失敗にも満たない、成功にもたどり着けない。

 

「中途半端な人生」とは思っていたけれど、

中途半端とは、このことを示していたのか…と

今こうしてキーボードを打ちながら、納得する。

 

 

わたしにとっての‘失敗’とは。

失敗と言えるのか?…という疑問は残りつつ、

「練習と努力が嫌い」と公言することで

自身の人生に責任を負うことを放棄してきた…ということかな。

少々大げさな表現かもしれないけれど、そうなのだと感じる。

 

 

道場に通い始めて、空手の動作や柔軟体操をしていると、

「自分自身の扱い方」についての手ほどきを受けている感覚に包まれる。

必要最小限の力で身体に備わる機能を最大限に活かすための動かし方や姿勢。

 

 

カラダもココロも、カチカチで、がんじがらめ。

しなやかな動きの土台にあるのは、柔軟性のあるカラダ。

たおやかな所作の基盤にあるのは、認め受け入れ許すココロ。

 

わたしはわたしの人生をめちゃくちゃにした

「わたしとしての人生を生きること」に無責任すぎた

わたし自身に、はらわたが煮えくり返るほどの怒りを抱えている。

 

 

話が随分とそれてしまったけれど、

空手を通して、すでに、一つの挑戦が始まっている。

「同じことの繰り返しを、ただひたすら、積み重ねていく」

 

いつも道着を着てから道場へ向かうのだけれど、

道着を手にするまで「道場へ行く」ことへの抵抗感が半端ない。

それはきっと、練習嫌いを公言してきたこれまでのわたしの悪あがき。

ここに打ち克って通い続けることもまた、挑戦のひとつ。

 

 

よし!

やるぞっ!!

 

 

 

翠桜-Miou-

 

【空手2日目】本気度の高い汗ほど、爽やかで心地いい。

《師範のお話》

 本気を出せば、疲れる。

 本気を出さなくても、それなりに疲れる。

 しかし、本気を出した後の疲れは、心地いい。

 そして、本気で取り組んで出てくる汗は、爽快である。

 

 

前回と今回、わたしとしては本気で取り組んでいた…つもりでいる。

 

初回でもあった前回で流した汗は本当に気持ち良かったし、

終わった後には、ここ数年は確実に息を潜めていたであろう

全身を包み込むような爽快感に加えて

心までも浄化されていくような感覚を味わった。

 

そして前回について綴ったブログの最後は、

「明日(今回)は、子どもたちと爽やかな汗を流してきます」と締めくくっている。

 

そう、前回、訳分からないながらも精一杯取り組んでみた結果、

スッキリ感とともに爽快な汗を、少しではあるけれど流してきたのだった。

 

だからこそ、今回の師範のお話、

よりカラダにココロに、スーッと染み入ってきた。

 

 

そして。

 

 

遊びに来ているわけではない。

それはもちろん当然のことであり、

大人であろうと子どもであろうと例外はない。

 

「休憩する」とは、

「水分補給をする」ことと

「乱れた呼吸を整えて次に備える」こと。

 

初回から感じていた素朴な疑問に関して

先輩に質問していたとはいえ、私語は私語。

そこからさらに調子に乗って関係のない話にまで及んでしまった

恥ずかしいほどに未熟すぎる意識の低さに、反省…の一言。

巻き込んでしまった先輩にも、ごめんなさい。

 

休憩の時間もまた、鍛錬の一つ。

はい、肝に銘じます。

 

 

自身のカラダとココロに意識のチャンネルを合わせて

その精神を高めていけばいくほど、感覚はより鋭く磨かれていく。

…そんなふうに感じている。

 

爽快感と浄化の感覚を一つの指標として、

明日からの意識の度合いを観察していくとしよう♪

 

 

 

翠桜-Miou-

 

【空手1日目】3つの心を鍛え、身体で2つのことを学ぶ~心得を胸に刻む~

家の近くにあり、ずっと気になっていた門構え。

ブログ開始とともに、本日、空手道場への入門を果たしました。

 

このブログでは、当面のところ、空手のことを綴っていきます。

 

 

この道場で鍛えるものは、「心」と「身体」。

 

鍛える心は、

  1.すべてを受け入れる心

  2.すべてを許す心

  3.何度でも立ち上がる心

 

身体で鍛えるのは、

  1.礼の心(感謝)と作法

  2.護身術

 

  ※以上、道場のHPより、言葉を拝借しました。

 

 

身体の中心を意識して左右対称の動作をひたすら繰り返す時間の中で、

幾度となくぶれている状態を自覚できたり無意識で気づかなかったり…

まずは、「意識すること」が重要なのだと感じた初回でした。

 

常に身体の中心を意識してそこからぶれないこと。

足の動きや向き、手の向きやそこに位置する意味を意識すること。

声を出すことを意識することは、自分の中にある気合いを目覚めさせること。

 

そんなことをぼんやりと感じながら

今回はとりあえず、周りの人を真似ることで精一杯。

 

 

次回は、小学生中学年の長男と幼稚園児の二男と共に

訳分からないながらもすっきり爽快な汗を流してこようと思います。

 

 

 

翠桜-Miou-